函館本線の鉄道の名所

駒ケ岳は標高1131mの円錐火山で、大きく裾野を広げた美しい山。
その裾野には、大小126の小島を浮かべる大沼や小沼が横たわっている。
ホワイトヴェールの口コミは嘘ばかり?気になるその真相は

駒ケ岳を回り込むように走る列車は、内浦湾(噴火湾)沿いに躍り出る。
いかめしで有名な森駅あたりから室蘭本線との分岐となる長万部駅まで、ぴったりと内浦湾が寄り添う。
窓いっぱいに広がる水平線は、時にははるか眼下に、時には目の高さにと列車の高度に合わせて上下する。

長万部駅で下車。
ここからは内浦湾とは別れ、通称「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山の裾野を回り込む。

長万部駅~小樽駅は、かつて蒸気機関車C62形の重連で名を馳せた鉄道の名所だ。
昭和31年(1956)に東海道本線全線電化に伴い北海道の地を踏むことになったC62形は、ここで活躍の場を見つける。
長万部駅~小樽駅間は1000分の20を超す急勾配が連続し、加えて半径300m以下の急カーブが72カ所もある。
その険しさゆえに「山線」と呼ばれる山岳路線だ。
ルメント シャンプー(芸能人も愛用)の気になる口コミ・効果