小浜線から湖西線の旅へ

小浜市を抜けるとおおい町で、右手には青戸入江と呼ばれる波静かな入り江が続き、やがて高浜町へ入る。
ここも美しい浜が続き、シーズンには海水浴客でにぎわうところ。
若狭高浜駅の南西には喧嘩祭りと呼ばれる勇壮な祭りで知られる佐伎治神社があり、7年目ごとに開催が巡ってくる。
機会に恵まれたらぜひ見てみたいものだ。
痩せ菌をラクビサプリで増やす 口コミは本当?

次第に青葉山が近づき、吉坂峠のトンネルを越えると京都府に入る。
終着の東舞鶴駅はもうそこだ。

東舞鶴はかつて軍港が置かれ、戦後大陸からの引揚者が第一歩を印したところ。
舞鶴市の中央にある五老ヶ岳に登れば、複雑に入り組んだ舞鶴湾が眼下に見て取れる。

京都市街の南東部にある山科駅から琵琶湖の西側を北へと走り、滋賀県の北部の西浅井町にある近江塩津駅を結ぶ路線。
沿線には鉄道唱歌でも歌われた琵琶湖疎水や、天台宗の総本山・比叡山延暦寺などがあるほか、琵琶湖や比良山系の山並みが車窓を彩る。
ピュアエサラは効かない?口コミは嘘なの?その真相は…

函館本線の鉄道の名所

駒ケ岳は標高1131mの円錐火山で、大きく裾野を広げた美しい山。
その裾野には、大小126の小島を浮かべる大沼や小沼が横たわっている。
ホワイトヴェールの口コミは嘘ばかり?気になるその真相は

駒ケ岳を回り込むように走る列車は、内浦湾(噴火湾)沿いに躍り出る。
いかめしで有名な森駅あたりから室蘭本線との分岐となる長万部駅まで、ぴったりと内浦湾が寄り添う。
窓いっぱいに広がる水平線は、時にははるか眼下に、時には目の高さにと列車の高度に合わせて上下する。

長万部駅で下車。
ここからは内浦湾とは別れ、通称「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山の裾野を回り込む。

長万部駅~小樽駅は、かつて蒸気機関車C62形の重連で名を馳せた鉄道の名所だ。
昭和31年(1956)に東海道本線全線電化に伴い北海道の地を踏むことになったC62形は、ここで活躍の場を見つける。
長万部駅~小樽駅間は1000分の20を超す急勾配が連続し、加えて半径300m以下の急カーブが72カ所もある。
その険しさゆえに「山線」と呼ばれる山岳路線だ。
ルメント シャンプー(芸能人も愛用)の気になる口コミ・効果